真城ホールディングス、大垣市社会福祉協議会に10万円を寄託

投稿日:

東海地方で《プレイランドキャッスル》などのパチンコホールを運営する真城ホールディングスはこのほど、歳末たすけあい募金として、大垣市社会福祉協議会に10万円を寄託した。

同社では、2011年の東日本大震災を機に、地域社会との絆の大切さを感じ、本格的にチャリティ活動を始動。以降、継続的に地域貢献や広域社会福祉への支援を行っている。今回の歳末たすけあい募金も、チャリティ基金から寄託した。

左から社会福祉法人 大垣市社会福祉協議会の中山惠二常務理事、真城ホールディングス総務部総務課の村上知隆課長。

-社会貢献
-