旧規則機、未だ100万台が残存、特にパチスロの入替が足踏み

投稿日:

全日遊連は11月4日、10月末時点の「新規則機『設置比率』の進捗計画」及び「県別 新規則機 設置比率(都道府県順)」を各都府県方面遊協宛てに通知した。

資料によると、全国ホールにおける10月末時点の新規則機の設置比率は、パチンコ82.1%(194.3万台)、パチスロ62.6%(95.4万台)、合算74.4%(289.7万台)。同月末の目標値である85.0%から乖離した状況が続いた。

県別で見ると、新規則機の設置比率が最も高い地域は、パチンコ、パチスロとも群馬県(パチンコ87.5%、パチスロ71.6%、合算81.3%)。一方、新規則機の設置比率が最も低い地域は、パチンコが奈良県の78.3%、パチスロおよび合算が沖縄県(パチスロ35.3%、合算55.1%)となっている。

10月末時点で全国ホールに残存する旧規則機は100万台弱(パチンコ42.3万台、パチスロ57.0万台=合計99.3万台)となっている。新規則機の設置比率の目標値は11月末時点が90%、12月末時点が95.0%、1月末時点が100%。旧規則機は一部の例外機種を除き、残り3ヵ月で撤去を完遂させなければならない。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると