【調査】遊技割合はパチンコ約75%、パチスロ約25%

投稿日:

今年に入り、パチンコ優勢、パチスロ劣勢の構図となり、営業の主軸をパチンコにシフトするホールも増えてきた。そうした背景もあり、今回は遊技客の遊技内容に関する調査を実施した。

まず全体の傾向としては、パチンコをメインに遊技する遊技客割合は約75%、パチスロをメインに遊技する遊技客割合は約25%となった。

やはりパチンコユーザーの方が多く、中にはパチスロメインからパチンコメインへ切り替えた遊技客もいるだろう。パチンコにおいては約75%のうち、3分の2が低貸し、残りが通常貸しの割合だった。パチスロにおいては逆で、3分の2が通常貸し、残りが低貸しの割合となった。男女別でも調査してみたが、男女間で遊技内容に大きな差は無かった。

最後に来店時間別で調査した。一般的に広く周知されていることだが、朝一は高設定狙いや据え置き狙いをしやすいパチスロに約30%の遊技客が流れている。昼間では主婦層や年配層がメインの時間帯となるため1円パチンコの比率が大きく上昇し、パチスロの比率が減少。夕方になると客層が入れ替わり仕事帰りのサラリーマン層で賑わうため、パチスロの比率が再上昇するとともに、各レート満遍なく遊技される状況となる。そして夜稼働は主にAタイプが多く遊技されることから、20円パチスロが大きく上昇する。コロナ禍で一時は遊技客の遊技傾向に変化が見られたが、どうやら現在は従来通りの傾向に戻りつつあるようだ。

【関連】最高設定が3種類!リゼロがA+RTタイプで登場

調査企業:ブーミングネット株式会社
すぐさま簡単に安価で導入できる来店ポイントサービス『ポイントクラブ』を運営。お得なポイント賞品を多数用意しているほか、DMサービスにより再来店率の向上や、来店客の生の声を収集できる。
・問い合わせ
TEL 03-6451-4355
Mail info@booming-net.com
WEB https://booming-net.com

-企画
-

© 2021 グリーンべると