D'station Racingが世界最高峰のバーチャルレースに参戦

投稿日:

NEXUSは9月8日、同社レーシングチーム「D'station Racing」が、世界最高峰のバーチャルレースとして9月25日にイタリアのモンツァ・サーキットを舞台にオンライン対戦で幕を開ける「2021年/22年ル・マン バーチャル シリーズ」に参戦すると発表した。

同シリーズは、数々のモータースポーツ系eスポーツ競技を手掛ける「Motorsport Games Inc」が運営。昨年に開催された2020バーチャル・ル・マン24時間レースの公式シリーズ戦では、賞金総額25万USドル(約2,750万円)がかけられた。

対戦はPC用ソフトウェア「rFactor 2」(アールファクター2)を利用して行われ、FIAドライバーライセンスを保持するプロレーシングドライバーおよびeスポーツドライバーがタッグを組みシリーズ全5戦を戦う。最終戦は2022年1月にイギリスで開催される「2022 Autosport International show in Birmingham,u.k」の期間中となる1月15日~16日にル・マン24時間レースが開催される。

D'station Racingの藤井誠暢チームマネジメントドクターは「世界のトップレーシングドライバーやeスポーツドライバーがしのぎを削って争う同シリーズへ、日本のチームとしてD'station Racingが挑戦できることに興奮している」と話した。

-業界ニュース
-

© 2021 グリーンべると