日遊協が人事担当者向けフォーラム開催、採用や研修などで意見交換

投稿日:

閉会挨拶を行った羽山雄介副委員長

日遊協の人材育成委員会は7月29日、会員企業の人事担当者を対象とした「第18回人材育成フォーラム」をウェブ会議システムZoomを活用して開催、29人が参加した。

冒頭、都筑善雄理事はフォーラム開催の意義について、「人事部門ではコロナ禍での意識変化に加え、DX、リモートワーク、ダイバーシティ、セカンドキャリアなど、法律の改定や新しいワードが次々に出てきている。新しい取り組みは待ったなし。同じ局面に立っている担当者同士が積極的に意見交換できるよう、この場を設けた」と解説した。

今回のフォーラムでは、人事担当者同士の情報共有に特化したプログラムを企画。テーマを「採用」「労務」「研修」「ダイバーシティ」に絞ってグループディスカッションを実施した。

終了後には、各グループの議論内容を全体で共有。「採用」グループからは、採用タイミングの効果的な手法や、求人媒体の選択、他業種展開している企業のケースなどが挙げられたほか、「労務」グループでは、コロナ禍での業務関連の対応と、ワクチン接種の社内ルール(ハラスメント防止を含む)、店舗の適正人数の変化や評価制度について語られた。

さらに「研修」グループでは、コロナ禍での研修の在り方や課題を共有。 そして「ダイバーシティ」グループでは、男女ともに若年層の店長を目指さない横斜めのキャリアプランや、ベテラン層のセカンドキャリア考察、副業の是非や、副業可とした場合のメリットや実例などが共有された。

終了後のアンケートでは、「ホールとメーカー、業種の違いはあっても、人事の悩みは共通であるとわかった」「業界の仲間、他社の幅広い年代の方々と、共通するテ ーマで課題感を共有し、基本楽しく、気持ちのあがる時間を過ごさせていただいた」「他のテーマも気になることがたくさんあった。次回があったらぜひ参加したい」などの感想が寄せられた。

またフォーラムの最後に羽山雄介副委員長は、「今各社の人事担当者は同じような課題を抱えておられるように思う。また経営層が比較対象とする先が、他業界の大手企業の在り方であったりするケースも増えてきている。ぜひこのフォーラムをきっかけに、ダイレクトに情報交換できるような人脈を作っていただければ」と呼びかけるなどした。

-業界ニュース
-,

© 2021 グリーンべると