《オータ館林店》が群馬県館林市と災害時の施設利用協定を締結

投稿日:

早川勲店長(左)と多田善洋市長

東北や関東、東海、沖縄などでチェーン展開するオータは7月16日、同社が経営する《オータ館林店》が、災害時に店舗施設を提供する協定を館林市と締結したことを発表、同日、館林市役所で協定締結式が開催された。

協定締結式には、館林市の多田善洋市長らが出席。《オータ館林店》の早川勲店長とともに、「災害時における民間施設の利用に関する協定書」に署名した。

多田市長は、「利根川と渡良瀬川に挟まれた当市は、台風時の水害が懸念されている。コロナ禍では、避難所の密を避けることが必要となるので、有事には知人や親戚を頼るなど、避難の分散を呼びかけているところ。今回の協定締結で、新たな避難の選択肢が増え大変心強く思っている」と感謝の言葉を表した。

同社では、店舗が所在する自治体が求める災害時の協力体制構築を進めるなど、地域に根ざした社会貢献活動を展開しており、今回の協定締結もその一環。これまでに、埼玉県川島町、神奈川県横浜市などと同様の協定を結んでいる。

-業界ニュース
-,

© 2021 グリーンべると