日遊協が、宮城県東松島市で植栽ボランティア活動を実施

投稿日:

日遊協は、東日本大震災で被災した海岸防災林の復旧・再生事業として林野庁が推進している「『みどりのきずな』再生プロジェクト」に賛同する植栽ボランティア活動「日遊協 共生の森 東松島」を6月3日、宮城県東松島市の国有林で実施した。

当日は、社会貢献・環境対策委員会から、(知念安光担当理事、福地光委員長ら8人)、東北支部会員(谷口久徳支部長ら5人)、埼玉森林サポータークラブ5人、日遊協事務局2人が参加。人員を最小限にするとともに、常に手指の消毒を行い、車での移動時には常に窓を開けて換気を心がけたほか、植栽作業中にも密となることを避けたりするなど、徹底した新型コロナ対策のもと、クロマツの苗木600本を植栽した。

作業終了後には、以前に植栽した東松島地区と仙台市若林区荒浜地区の様子を視察した。このうち、荒浜地区のクロマツは背丈が2メートルを超えるまでに成長。松林らしくなった現場の様子に参加者からは感動の声が挙がった。

-業界ニュース, 社会貢献
-

© 2021 グリーンべると