キスケ、グループ全施設に緊急時飲料提供自販機を設置

投稿日:

キスケはこのほど、同社が運営する全施設に「緊急時飲料提供自販機」を導入すると発表した。導入台数は全部で16台。

同自販機は、自然災害や緊急事態が発生し停電となった際、キー操作や専用ハンドルを回すことで自動販売機に必要な電力を供給し、飲料製品を被災者等に無償提供することが可能な自動販売機。通常時は普通の自動販売機として使用できる。

これまで同自販機を《キスケPAO東雲店》のみに設置していたが、いつ発生するかわからない自然災害に対しての備えも万全にする必要があると考え、全施設に導入することとしたという。

近年、同社では松山市、今治市と災害時支援協定を結ぶなど、防災活動に注力している。今後も安心して利用できる施設として、有事に備えたサポートを充実していく方針だ。

    -社会貢献
    -

    © 2021 グリーンべると