全日遊連、栃木・茨城両理事の委員解任を決議

投稿日:

全日遊連は4月16日に全国理事会を開き、金淳次理事(栃木県遊協理事長)と平文暉朗理事(茨城県遊協理事長)に対し、全日遊連委員会の委員の解嘱(解任)を決議した。

金理事には財務委員会の委員を、平文理事には機械対策委員会の委員を委嘱していたが、今回の理事会で両委員の解嘱を賛成多数で決定した。

理事会後の会見で阿部恭久理事長は、両氏の委員を解嘱した理由について、「両理事には理事の辞任勧告が出ている。なぜ辞任勧告が出たかというと全日遊連の決議を守っていないことが一つにあるわけで、そうした方が委員会の委員としていろいろな物事を協議していただくのに相応しいかどうかということを踏まえて対応した」と説明した。

両理事に対しては、パチンコ・パチスロ産業21世紀会決議に基づく旧規則機の撤去をめぐり、全日遊連の決議に反する行為を行うなど、理事としての忠実義務違反が認められるとして、3月の全国理事会で辞任勧告が決議されていた。

会見ではその他、5月14日から5月20日までのギャンブル等依存症問題啓発週間の取り組みとして、パチンコ・パチスロ依存問題特設サイトで「Webフォーラム」を配信すると報告した。

フォーラムのタイトルは、「パチンコ依存って何?〜専門家の方々に聞いてみました!〜」。リカバリーサポート・ネットワーク代表理事で精神科医の西村直之氏をはじめ、脳科学者の篠原菊紀氏、精神保健福祉士の高澤和彦氏、司法書士の稲村厚氏、回復支援施設長の中村努氏の計5名の専門家が講演する内容。一般の人が関心のあるところを視聴できるようにする。

会見に臨んだ阿部理事長(中央)、星野副理事長(右)、太田専務理事(左)。

-業界ニュース
-,

© 2021 グリーンべると