パチスロ規制緩和、有利区間上限3,000ゲームに、将来的には制限廃止も

投稿日:

日工組および日電協は4月15日、ゲーム性の拡充を目的に、現在1,500ゲームを上限としている有利区間の継続数について、3,000ゲームまでとする規制の緩和措置を決めた。緩和後の保通協への型式申請は5月20日分からとなる。

さらに今後は、有利区間のゲーム数規制を廃止する方向性も発表。型式申請時期は未定としているが、現在業界内で議論が進んでいる「メダルレス遊技機」から実施していく方針だ。

有利区間は、AT・ART機において、小役等のナビゲートを発生させることができるゲーム区間として設けられ、6号機における自主規制の規定では上限1,500ゲームに制限されていた。

メーカー関係者は「1,500ゲーム内で、上限出玉の2,400枚を全て獲得できる可能性を高めるには、高純増を目指すしかなかった。しかし、上限が3,000ゲームに増えれば、そこまで高純増にこだわらなく、ゲーム性とのバランスの取れた純増枚数で設計がしやすくなる」としている。

なお、3月8日に日遊協が発表したパチスロプレイヤーズ調査2020でも、有利区間の上限については、「上限ゲーム数に達すると、十分なメダル枚数を獲得していないのに終了してしまうことがある」などの不満が寄せられていた。

-業界ニュース, 注目トピック
-, ,

© 2021 グリーンべると