RUSH期待出玉は7,930個!ギンパラ新作は出玉特化型の「超ミドル」スペック

投稿日:2021年3月13日 更新日:

三洋販売は3月9日、パチンコ新台『Pギンギラパラダイス 夢幻カーニバル(319ver.)』(サンスリー製)を発表。ホールへの納品開始は4月18日を予定している。

同機は、ギンパラシリーズこだわりの1個賞球スペック「強ミドル」を進化させ、出玉特化型の「超ミドル」スペックを実現した点が特長だ。

RUSH(カーニバルRUSH)突入時の期待出玉は約7,930個。RUSH突入時の平均大当たり回数が約6.5回、トータル継続率が約85%、10R(出玉1,360)比率が75%と、現役機種の中でも最高峰の出玉性能となっている。

ゲームフローだが、初当たり後に移行する「ギンギラタイム」が、RUSH突入の鍵を握る(一部、RUSH直撃大当たりもあり)。「ギンギラタイム」は電サポ30回+残保留4回で構成され、この間の大当たり確率は約1/49.5。大当たりを引けばRUSH突入となる。初当たり時のRUSH突入期待度は約52%だ。

RUSHは電サポ80回(+残保留4回)の「カーニバルRUSH」と、その上位版となる電サポ10,000回(+残保留4回)の「夢幻カーニバルRUSH」の2種類があり、トータル継続率は約85%。次回大当たり濃厚の「夢幻カーニバルRUSH」には、「カーニバルRUSH」中に「夢幻カサゴ」図柄が停止することで移行する。

通常時は、「カーニバルモード」(カーニバルの熱気そのままの多彩な演出)、「ハイビスカスモード」(『沖海4』で人気の一発告知モードをギンパラ仕様にカスタマイズ)、「ギンパラモード」(王道シンプルモード)の3モードから選択可能。また3モード共通の演出として「ギンギラチェンジ」「ウリンVivaチャレンジ」などがあり、発生すれば大当たりのチャンスとなっている。

主なスペックは以下の通り。
▶大当たり確率 約1/319.7(高確率時約1/49.5)
▶RUSH突入率 約52%
▶RUSH継続率 約85%
▶時短回数 30回or 80回or 10,000回
▶出玉 460~1,360個
▶大当たり振り分け
特図1 10R+時短80回(1%)、4R+時短80回(3%)、6R+時短30回(50%)、4R+時短30回(46%)
特図2 10R+時短10,000回(12%)、10R+時短80回(63%)、4R+時短10,000回(3%)、4R+時短80回(22%)
※ライトミドルの199ver.(5月9日納品開始予定)もあり。

-新台
-, ,

© 2021 グリーンべると