継続率約83%の1種2種混合タイプで「ガールズ&パンツァー 劇場版」がパチンコ化

投稿日:2021年3月9日 更新日:

©GIRLS und PANZER Projekt
©GIRLS und PANZER Film Projekt

平和はこのほど、パチンコ新台『Pガールズ&パンツァー 劇場版』を発表した。納品は5月9日を予定している。

同機は2015年に公開され、145万人を動員したアニメ映画「ガールズ&パンツァー 劇場版」とのタイアップ機。劇場版の世界観を余すことなく同機の演出、ゲーム性に落とし込んでいる。

スペックは遊びやすさと一撃性を兼ね備えた1種2種混合ライトミドル。右打ちモード「戦車道」は突入率約54%、継続率約83%で、10R(払出出玉1,000個)比率も50%あるため、高いポテンシャルを秘めている。また、低確率500回で発動する遊タイムも搭載。電サポが200回付与されるため、発動時点で実質大当たり濃厚となる。

「戦車道」は電サポ6回+残保留4回の計10変動。同モード中は保留を装填する「装填パート」、出撃チームを決定する「ルーレット」、色変化やセリフ内容で期待度を示唆する「予告パート」、劇場版戦車バトルで勝敗をジャッジする「ジャッジパート」を5変動で構成されている。この一連の流れで大当たり出来なかった場合、残りの5変動で同様の流れを辿り大当たりを目指す。大当たり出来なければ通常時に戻る。

バトル勝利時に注目すべきは戦果を表す「パンツァーランク」。同ランクが高いほどラウンド数や保留連の獲得期待度が変化する仕組みとなっている。

通常時はシームレス演出により期待感が途切れない「ユニオンフロー」を搭載しているほか、遊技を盛り上げる過去最大級のカスタム要素も用意されており、存分に「ガールズ&パンツァー 劇場版」を堪能することができる1台となっている。

主なスペックは以下の通り。
▶大当たり確率:1/199.8(右打ち時約1/7.2)
※右打ち時確率は、直当たり確率1/199.8、小当たり確率1/7.4、役物確率約1/1.0の合成確率
▶戦車道突入率:約54%
▶戦車道継続率:約83%
▶遊タイム:低確率500回消化(電サポ200回)
▶賞球数:1&8&10
▶ラウンド:4R or 6R or 7R or 8R or 9R or 10R
▶払出出玉:400個 or 600個 or 700個 or 800個 or 900個 or 1,000個
▶振り分け
<特図1>
10R(電サポ200回):1%
10R(電サポ6回):2%
4R(電サポ1回):97%

<特図2>
10R(電サポ6回 or 200回):50%
9R(電サポ6回 or 200回):5%
8R(電サポ6回 or 200回):5%
7R(電サポ6回 or 200回):5%
6R(電サポ6回 or 200回):5%
4R(電サポ6回 or 200回):30%

-新台
-,

© 2021 グリーンべると