【コラム】2020年最後の超大型版権!『P真・北斗無双 第3章』の販促ポイント

投稿日:

©武論尊・原哲夫/NSP 1983 版権許諾証KOO-411
©2010-2013 コーエーテクモゲームス ©Sammy

◆注目機の販促ポイント
新解釈基準初の北斗シリーズは北斗無双で登場。スペックを刷新し、多くのユーザーが求めた大当りスピードも改善され、シリーズ最新作に相応しい北斗無双の誕生です。

新生・北斗無双の魅力とは

いよいよ新解釈基準で登場する『P真・北斗無双 第3章』(以下、北斗無双3)ですが、前作の『ぱちんこCR真・北斗無双 第2章』から約2年の歳月を経て登場となりました。 前作に関しては発売の時期があまり良いとは言えず、スペック的にも無双ファンからは余り注目されずに稼働が落ち着いてしまったホールが多かったのではないでしょうか。これは発売タイミングと内規的な問題でどうしようも無かった様に思えます。

しかし今回の北斗無双3は販売タイミング・スペックともにとても良いと感じます。『ぱちんこCR真・北斗無双』(以下、初代無双)の設置期限が2021年11月30日(東京都の検定通過日基準)まで残っていますが、北斗無双3はあくまで別軸と捉えて良いと思います。

同機は、一種二種混合タイプで右打ちの超高速消化がウリとなっており、最大7ラウンドの大当たり搭載という『P大工の源さん 超韋駄天』(以下、韋駄天)との差別化要素もあります。最大ラウンド大当たりに寄った際の出玉感は、大きな魅力ではないでしょうか。

同機はまた、新しい挑戦を試みた機種となっている点も見逃せません。北斗無双の代表曲と言えば、L'Arc–en–CielのHYDEがボーカルを務めるVAMPSの「AHEAD」です。この曲を聞くためだけに北斗無双を遊技するユーザーが存在すると言われるほどの名曲ですが、今作においても楽曲面ではHYDEが参加。当然、同曲も収録されています。

そして、楽曲の注目点はもう1つあり、“楽器を持たないパンクバンド”のキャッチコピーで10代~中年層まで幅広いファンがいる「BiSH」が楽曲提供を行っています。その「BiSH」がCD未収録の曲を提供している点も注目で、新規客層やコロナで離れしてしまったユーザーにどの様な影響を与えるか楽しみな点です。

サミー様の新たな挑戦が垣間見える同機が、初代と変わらず稼働に貢献してくれることを願って是非、ホール様も販促に力を入れてみて頂いては如何でしょうか。

『P真・北斗無双 第3章』の販促ポイント

ではどの様に北斗無双3で販促を行っていくのか。今回の販促のポイントは2点で「初代無双との差別化」「音楽が及ぼす行動への影響」となります。

ポイント①
同一化はNG「初代無双との差別化」
同機と初代無双は完全に別物です。ただしスペックに魅力が無いかと言うと初代無双に決して引けを取りません。初代の2,400発大当たりは魅力ですが、北斗無双3に関しては右打ち中のスピード感が圧倒的な魅力と言えるでしょう。韋駄天もユーザーから通常時は面白くないという意見があるものの、右打ち時の楽しみが圧倒的に振り切っている点が高く評価されています。

今も昔もですが、通常時が圧倒的に楽しい機種と言うのは稀ですし、それこそ個人差が出てくるものと言えます。

しかし、北斗無双3を初代無双とイコールの役割にさせてしまうと、折角の魅力も半減です。そのため初代無双と北斗無双3の差別化ポイントをアピールする必要があります。例えば初代無双の2400発に対して、北斗無双3には出玉スピードという特長がありますので、同機のストロングポイントを優先したアイキャッチでユーザーに伝えてみてはどうでしょうか。

また、北斗無双3には遊タイムが搭載されていますが、遊タイムを推すかどうかは自店のユーザーや競合店の遊タイム機の稼働状況が判断ポイントとなります。遊タイムには、デメリットもあることに気が付き始めているユーザーも存在するため、そういったユーザーが多い地域では、遊タイムは推さずに搭載してる旨だけ記載する形にしましょう。

販促事例① 初代無双との差別化ポイントを伝え、北斗無双3ならではの魅力を知ってもらう。

ポイント②
ユーザーの遊技頻度に関わる「音楽が及ぼす行動への影響」

人は音楽を聞くことで感情の変化が生まれ、行動への影響が生まれます。私の息子がNintendo Switchでマリオのゲームをやっている時ですが、時間切れで音楽が早まると何故かソワソワし出します(笑)。これは視覚的に何か催促をされている訳ではありませんが、音楽のテンポや過去の経験による反応と言えるでしょう。

初代北斗の稼働が良好な店舗では、パチンココーナー入り口でVAMPSの「AHEAD」を流してユーザーに遊技意欲の向上を促しています。それは決して特定日だけではなく通常日でも実施しているため、来店客は音楽による期待感や高揚感により足を運んでしまうのではないでしょうか。

今回、新たに増えた楽曲は、どれも高揚感があり、私自身もこの曲を聞きながら大当りを消化する光景を想像をした時にワクワクしました。同じような無双ファンやHYDEファン、BiSHファンがいると思います。そういった部分をアピールし、新台導入に繋げてみては如何でしょうか。

販促事例② 新たな楽曲の搭載をアピールすることで、ユーザーの期待感の底上げを狙う。

「フダポス」による営業支援

私たちはこのような新台や時流の問題の解決のお手伝いを「フダポス」というツールでもご支援させて頂いております。おかげ様で現在2,000店舗でご活用頂いております。様々なコンテンツが御座いますので一度ご覧頂き、是非、皆さまのお力になれましたら幸いです。

◆著者プロフィール
梶川弘徳(かじかわ ひろのり)
株式会社CFY代表取締役
パチンコホール企業で営業部長として営業戦略や組織マネジメントの責任者として活躍し、2009年33歳で㈱CFYを設立して現在に至る。座右の銘は会社名の由来でもある「Crazy For You(あなたのために)」
●株式会社シー・エフ・ワイ
URL:https://amuse.cfy.jp/
Mail:info@cfy.jp

-コラム
-,

© 2020 グリーンべると