セガサミーが希望退職者650名を募集

投稿日:

セガサミーホールディングスは11月6日、希望退職者の募集および役員報酬の減額を、同日開催の取締役会で決議したことを発表した。希望退職者の募集は650名で、対象者には特別退職加算金の支給および再就職の支援などを行う。これらに伴い同社では、2021年3月期決算で約100億円の特別損失を計上する。

希望退職者の募集対象者は、同社グループ正社員および契約社員。今年9月末現在の同社グループ従業員数は9,051名で、このうち、650名の希望退職者を募集する。募集期間は11月16日~12月25日までで、退職日は2021年2月28日としている。

合わせて同社では、役員報酬の減額を決定。2020年11月~2021年3月までの期間において月額基本報酬を、代表取締役は30%、取締役専務執行役員は20%、取締役上席執行役員は10%減額する。グループ会社においても、代表取締役、役付取締役は10~20%、取締役は5~10%、減額することとした。

同日に公表した同社の2021年3月期第2四半期の連結業績は売上高1,102.3億円(前年同期比33.4%減)、経常損失35.3億円(前年同期は126.9億円の利益)、純損失217.2億円(同98.7億円の利益)。新型コロナウイルスの影響もあり、大幅な減収減益となっている。

通期の業績予測は売上高2,830億円、経常損失50億円、純損失245億円を見込んだ。前回予想(8月5日)に比べ、各事業の動向を踏まえ、売上高や経常利益は予測値を上方修正(売上高2,770億円→2,830億円、経常損失200億円→50億円)した一方、同社が現在、取り組んでいる構造改革の影響で純損失の予測値は下方修正(170億円→250億円)している。

-業界ニュース
-

© 2020 グリーンべると