セガサミー、アミューズメント施設事業を譲渡

投稿日:

セガサミーホールディングスは11月4日、連結子会社のセガグループが保有するセガエンタテインメント株式の85.1%を、アミューズメント機器レンタル事業などを営む㈱GENDAに譲渡することを決議した。譲渡により、セガエンタテインメントはセガサミーホールディングスの子会社から除外される。

セガエンタテインメントはアミューズメント施設および飲食店の運営を主な事業としている。アミューズメント施設は新型コロナ感染拡大の影響を強く受け、同社では2021年3月期第1四半期時点で大幅な損失を計上していた。

セガサミーホールディングスでは、アミューズメント施設分野の収益性改善と早期での売上回復を図るべく、様々な選択肢を検討していたが、その過程において、アミューズメント施設事業への強い意欲を持つ㈱GENDAへ、セガエンタテインメントの株式を譲渡する協議を進め、このほど、株式譲渡契約の締結を決定した。これに伴い、セガサミーホールディングスでは2021年3月期において約200億円の特別損失を計上する予定となっている。

㈱GENDAは東京都千代田区に本社を置き、アミューズメント機器レンタル、オンラインクレーンゲーム、セールスプロモーションなどを主な事業としている。

-業界ニュース
-

© 2021 グリーンべると