ぱちんこ広告協議会が9月の活動を報告

投稿日:

一般社団法人ぱちんこ広告協議会(略称PAA、大島克俊理事長)は10月12日、9月の活動報告を発表した。

リリースによると、パチンコ店が地域防災の一端を大きな負担なく担えるよう、「防災拠点ネットワーク」サービスを開発、リリースした。PAA会員のみ販売可能なサービスで、端玉賞品で家庭の防災対策品を提供する仕組みのほか、LINEによる緊急告知、「PAA-AD Network」をはじめとするメディアのフル活用で広く地域に告知する活動などをサービスに盛り込んでいる。

9月30日には理事会をWeb開催。昨今のPAAの活動や21世紀会の広報強化に協力していく姿勢であることなどを大島理事長が8月の理事会翌日の記者懇談会で説明したことを報告した。大島理事長は新型コロナウイルス問題で一時停滞していた各ワーキングの活動を再開したことに触れ、会員各位と協力しながら、さらに活発化させていくとしたほか、撤去対象遊技機への広告的対処方法も再確認したという。

また、PAAではホール法人とPAA会員、メディア企業を対象としたアンケート「広告動向と意識の調査:2020年版」を10月から実施すべく、協力要請などをスタート。12月の発表を予定していることもリリースでは明らかにしている。

-業界ニュース
-

© 2020 グリーンべると