大人気ライトノベル、王道スペック・遊タイム搭載で待望のパチンコ化/『Pとある魔術の禁書目録』

投稿日:2020年9月9日 更新日:

藤商事はこのほど、シリーズ累計発行部数3,100万部突破の大人気ライトノベルとタイアップしたパチンコ新台『Pとある魔術の禁書目録』(JFJ社製)を発表した。納品は11月を予定している。

「とある魔術の禁書目録」は、アニメ、映画、スマホ向けゲームなど多岐にわたり展開を見せ、原作ファンが数多く存在する。同機は原作ファンをはじめとした新規ファンでもわかりやすく、安心して遊べる「ST突入率100%」、「ST継続率約79%」、「右打ち中の70%が1,500個大当たり」といった王道スペックを採用し、遊技への間口を広げた。

また、「遊タイム」も搭載。低確率800回消化で発動し時短1,214回が付与される。

STは「限界殺し(リミットブレイク)チャンス」と「最強激突(ヒーローズラッシュ)」の2段階ST+αで構成。「限界殺しチャンス」は大当たり終了後の高速変動消化区間(30回)で、大当たり当選時はボーナスが連続して発生したような爽快感を味わえる。

「最強激突」はゲーム性の異なる4つのSTを搭載。「上条当麻ST(王道バトルタイプ)」「御坂美琴ST(電撃ストックタイプ)」「一方通行ST(突然告知タイプ)」「ヒロインST(パト告知タイプ)」から任意選択でき、キャラクター特性を活かした演出で大当たりを目指す。電サポ150回消化後は「銭湯モード」に移行。移行後4回転まではST状態のため、最後まで期待が持てる仕様となっている。

王道スペックと、原作の展開と大当たりまでの流れがリンクした演出で、パチンコとコンテンツの持つ魅力を高次元で融合させた同機。若年層を中心とした新規ファン獲得に大きな期待がかかる。

主なスペック(型式名:JUA)は以下の通り。
▶大当たり確率:1/319.6(高確率時1/99.9)
▶ST突入率:100%
▶ST回数:154回(うち電サポ150回)
▶ST継続率:約79%
▶遊タイム:低確率800回消化(時短1,214回)
▶賞球数:1&2&5&10&15
▶ラウンド:4R or 10R
▶払出出玉:400個 or 1,500個
▶振り分け
<特図1>
4R確変:100%

<特図2>
10R確変:70%
4R確変:30%

©鎌池和馬/アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX
©鎌池和馬/アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅱ
©鎌池和馬/アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX MOVIE
©2017 鎌池和馬/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX Ⅲ

-新台
-, ,

© 2020 グリーンべると