BB期待値は711枚、1G連もあり/パチスロ『吉宗3』

投稿日:2020年9月8日 更新日:

©DAITO GIKEN,INC.

大都技研は9月8日、パチスロ新台『吉宗3』のプレス向け試打会を開いた。同機の納品開始は10月4日を予定している。

6号機初となる吉宗シリーズ最新作は、初代から続くBBの興奮を再現した点が見どころとなる。青7揃いで当選となるBB(純増約4.0枚の疑似ボーナス)は、獲得期待枚数が約711枚と、初代と同様の破壊力を有している点が特長だ

BB消化の流れは、BB突入時に得られる3個の上乗せ特化ゾーン「振舞大抽選」を消化していく形だ。上乗せ特化ゾーンは、獲得期待枚数の異なる3種類が存在し、毎回、特化ゾーンの種類を抽選した上で、特化ゾーンに突入。そこで得られた差枚数の消化後に、再び残りの特化ゾーンに突入するという流れだ。

差枚数の消化中には、シリーズ伝統となるBBの1G連抽選を行う。「7揃い高確率」演出等を経て、青7図柄が揃えばBBの1G連を獲得できる。

ボーナスはBBのほか、RB(ベルナビ7回)が存在。どちらが当選するかは、ボーナス確定後のレバーオンによるガチ抽選で決定(BB割合55%)する仕組みだ。

通常時、ボーナスの契機となるのは、ゲーム数消化およびポイントの獲得だ。ゲーム数は約767ゲーム+αが天井となり、お馴染みの演出で前兆を示唆する。

一方、ポイントは通常時の小役やレア役の当選時およびポイント特化ゾーンが獲得チャンスとなる。1,000ポイント獲得で「高確率」演出に移行し、その後の演出クリアでボーナス当選だ。なお「高確率」演出中に鷹狩り演出が発生すればBB当選が濃厚となっている。

主なスペックは以下の通り。
ボーナス合算確率 1/527.3(設定1)~1/294.4(設定6)
コイン単価 約3円(設定1)
ベース 50.6G/50枚
天井 通常時767G+前兆消化でボーナス確定

 

-新台
-,

© 2020 グリーンべると