セガサミー通期業績、経常利益200億円の赤字予想

投稿日:

セガサミーホールディングスは8月5日、2021年3月期第1四半期の連結業績を発表。新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、業績は大幅に落ち込んだ。また通期はグループ全体で経常利益200億円の赤字予想とするなど厳しく見通した。

第1四半期の業績は売上高483.8億円(前年同期比33.5%減)、営業利益マイナス38.5億円(前年同期34.1億円の黒字)、経常利益マイナス41億円(同23.7億円の黒字)、純利益マイナス33.0億円(同17.2億円の黒字)。新型コロナウイルスのパチンコホールへの影響を考慮し、新台販売の延期等が影響し、大幅な減収減益となった。

そのため期中の新台の発売はなく、発表済み遊技機の販売のみとなったため、遊技機の販売台数はパチスロ485台(前年同期は17,930台)、パチンコ177台(同16,212台)にとどまった。

今後の遊技機販売においても、旧規則機の撤去期限が延長された影響もあり、販売台数は前年割れを計画。通期ではパチスロ8タイトル、パチンコ5タイトルの発売を予定し、販売台数はパチスロ5.2万台(前年実績12万3,336台)、パチンコ7.1万台(同10万4,581台)を見込んだ。

遊技機事業以外の事業においても、新型コロナウイルスの影響が強いことから、通期の業績予想は売上高2,770億円(前年同期比24.4%減)、営業利益マイナス150億円、経常利益マイナス200億円、純利益マイナス170億円と見通した。

-業界ニュース
-,

© 2020 グリーンべると