V確率が変動する回転体「ガチ装置」搭載!/パチンコ「P ROAD TO EDEN」

投稿日:

サミーは7月21日、パチンコ新台「P ROAD TO EDEN」(銀座製)を発表。ホールへの導入開始は9月を予定している。

同コンテンツは、荒廃した惑星での戦いを壮大なスケールで描いたバトルSFドラマで、CGや特殊メイクを駆使したバトルシーンが見どころ。サミーとフジテレビジョンが共同で制作し、動画配信サービス「FOD」で2017年秋に公開された。

パチンコ版の同機は、V確率“変動型”の回転体「ガチ装置」の搭載が特長だ。回転体のV確率は1/5~5/5(=100%)だが、例えば、チャレンジ中の液晶画面上での強カットインなどの発生でV確率が上昇。液晶演出と回転体の期待度が完全リンクしており、また、回転体による手に汗握るガチ抽選によって、RUSH突入を目指すゲーム性だ。

通常時は約1/79.9で回転体チャレンジ(時短1回)が発生し、V入賞すれば大当たり。実質的な大当たり確率は約1/199.9となる。

右打ち「EDEN RUSH」は最大時短12回転(+保留4回)の継続で、大当たりのループ率は約85%。またラッシュ中の大当たりは、3R、6R、7R、8R、10Rの何れかとなるが、最大ラウンドである10R大当たり(1,080個)の比率が50%オーバーと高い点も特長となっている。

主なスペックは以下の通り。
▶通常時
回転体チャレンジ突入確率(小当たり) 約1/79.9
実質大当たり確率 約1/199.9
▶右打ち時
実質大当たり確率 約1/8.9
▶時短突入率 100%
▶時短回数 1回 or 12回
大当たり出玉 約240個~約1,080個

©「ROAD TO EDEN」製作委員会/フジテレビジョン
©Sammy

-新台
-,

© 2020 グリーンべると