《楽園池袋店》の従業員が新型コロナ感染

投稿日:

《楽園池袋店》を経営する浜友グループは7月20日、同店の従業員1名が新型コロナウイルスに感染したことを公表した。感染の判明を受け同店では7月19日の営業終了後、店内の消毒作業を実施し、7月20日以降は通常通りの営業を行っている。

従業員の感染が判明したのは7月19日。同従業員は7月17日に体調不良となり、7月18は発熱後に通院。即日、PCR検査を受信したところ、「陽性」と診断された。最終出勤日は7月16日で、以降は出勤していない。

同従業員との濃厚接触者はなかったものの、来店客および従業員の安全に万全を図るべく、保健所の指導に基づき同店では、7月19日の営業後に消毒作業を実施した。

新型コロナウイルスの問題が今後も続くなか、浜友グループでは、感染予防ガイドラインに則り、「勤務中のマスク着用」「毎日の検温・体調確認」「手洗い、アルコール消毒」「ソーシャルディスタンスの確保」「3密回避」等の感染拡大防止策等を施し、来店客および従業員の健康と安全の確保を最優先とすることを基本方針に掲げ、施設を運営している。今後も一層の感染防止対策を実施していくという。

同社は公式サイト上で「当施設をご利用いただいているお客様をはじめ皆様方に、大変ご心配をおかけしておりますこと、深くお詫び申し上げます」とコメントした。

-業界ニュース
-, ,

© 2020 グリーンべると