(7/20導入)パチスロ真・北斗無双~純増8枚のAT「夢幻闘舞」搭載~

投稿日:

新台『パチスロ真・北斗無双』(サミー製)のホール導入が7月20日から始まる。純増約8.0枚のAT「夢幻闘舞」を搭載し、AT中は「乱撃CHANCE」「七星BATTLE」のループでATを継続させていく仕様だ。

パチスロでは初登場となる北斗無双シリーズ。パチンコ版「真・北斗無双」の遺伝子を受け継ぎ、パチスロ北斗シリーズに新たな期待感を追加した。

同機は純増約8.0枚のAT「夢幻闘舞」を搭載。AT中は「乱撃CHANCE」「七星BATTLE」で構成され、これらがループすることでATを継続させていく。

7揃いでスタートするAT「夢幻闘舞」は、まず「乱撃CHANCE」に移行。「乱撃CHANCE」は初回のみ30ゲームの継続となり、それ以外は8ゲームもしくは11ゲーム(EP)の継続となる。

消化中は毎ゲーム、成立役に応じて、その後のバトルを有利に進めるためのアイテム獲得を抽選。規定ゲーム数の消化で「七星BATTLE」へ発展する。

「七星BATTLE」中(7Gの保証ゲームあり)は毎ゲーム、成立役によりATの継続を抽選。継続期待度は対戦相手によって変化し、対戦する相手が強敵ほど、バトルに勝利した後の報酬に期待できる仕組みだ。

「七星BATTLE」の対戦相手は、「南斗聖拳」「北斗流拳」といった属性別に全12人が存在。全勢力を撃破することで「影のケンシロウバトル」となり、勝利すれば特化ゾーン「真・無想転生RUSH」突入となっている。

通常時は毎ゲーム、アイテム獲得の抽選が行われるとともに、50ゲームの周期毎にチャンスが到来。演出成功により「制圧ZONE」以上に発展する。

「制圧ZONE」は15~30ゲーム継続し、敵撃破およびミッション達成によりポイントを獲得。その後、ポイントに応じた連続演出に発展し、演出クリアでAT「夢幻闘舞」当選となっている。

主なスペックは次の通り。
▶CZ・AT合算確率 1/456.4(設定1)~1/284.0(設定6)
▶純増枚数 約8.0枚
▶ベース 約51.5G

(C)武論尊·原哲夫/NSP 1983 版権許諾証KOM-620
(C)2010‐2013 コーエーテクモゲームス
(C)Sammy

-新台
-,

© 2020 グリーンべると