新型コロナの影響で、第1四半期の立入検査の実績が大幅減/機構

投稿日:

一般社団法人遊技産業健全化推進機構は7月13日、2020年度第1四半期(2020年4月1日~6月30日)の立入検査の実績を公表した。

期間中における立入検査の実績は店舗数が254店舗(15都府県、遊技機213店舗、計数機41店舗)、遊技機台数が1,670台(パチンコ828台、パチスロ842台)、計数機が41台(玉40台、メダル1台)となった。

昨年同期との検査数の比較では、店舗数は約35.9%(昨年度は708店舗)、遊技機数が約33.4%(昨年度は5,002台)、計数機数は約52.6%(昨年度78台)と、何れも検査数が減少している。その結果、同機構の事業計画では、今年度の検査目標店舗数を1,800店舗(依存防止対策調査を除く)としているが、現時点では目標をかなり下回るペースとなっている。

要因は、新型コロナウイルス問題に対処するためで、実際に同機構では4月および5月の立入検査数を大幅に控えた(4月が5店舗、5月が0店舗)。ただし6月は、検査店舗数が249店舗と活動を再開している。

-業界ニュース
-

© 2020 グリーンべると