全日遊連の新執行部が決定、阿部理事長を再選

投稿日:2020年6月24日 更新日:


全日本遊技事業協同組合連合会は6月23日、第29回通常総会を開催し、任期満了に伴う役員改選で阿部恭久理事長を再選した。阿部理事長は4期目となる。

副理事長には6名を選任した。新執行部は以下の通り。

《全日遊連 新執行部》(敬称略)
理事長 :阿部恭久(東京)
副理事長:平川容志(大阪)/経営委員会担当
副理事長:松尾道彦(長崎)/財務委員会担当
副理事長:千原行喜(岡山)/総務委員会担当
副理事長:合田康広(札幌)/事業委員会担当
副理事長:平岡聖教(福岡)/機械対策委員会担当
副理事長:星野謙(山梨)/総務委員会担当
専務理事:太田裕之/暴力団対策特別委員会担当

阿部理事長は総会の挨拶で、新型コロナウイルス感染症の予防ガイドラインに沿った対策の徹底を改めて要請したほか、経営の安定に向けて政府系金融機関や信用保証協会による融資、保証の積極的な活用を呼び掛けた。また、経過措置が延長された旧規則機の計画的な撤去に向けて、全国のパチンコホールに提出を求めている誓約書に関しては、今後、未提出のホールへの対応を21世紀会で協議していくと伝えた。

議事では、全ての決議事項について可決承認した。

-業界ニュース
-, , ,

© 2020 グリーンべると