「変動は1秒あればいい」がコンセプト/パチンコ「P D-CLOCK」

投稿日:

D-clock_maruhon01

バイヤー田中ことマルホンの田中久也営業本部長(中央左)、シーサ。さん(中央右)

マルホンは2月17日、都内台東区の同社ショールームでパチンコ新台『P D-CLOCK』のプレス発表会を開いた。

同機は、同社の前機種『P鳳凰』で高い評価を得たスピードのある出玉感を引き継ぎ、「変動は1秒あればいい」をコンセプトに開発したライトミドルとなる。

コンセプトにある通り、右打ち中の変動時間は極限まで短縮され、かつ全てが1G連という仕様。RUSH中は3回ループ仕様で、3回連続でREGを引かない限りRUSHは終わらない。継続率は87.5%となり、ラッシュ1回あたりの期待出玉は6,300個となっている。

大当たりは、BIGとREGの2種類で比率は1:1。BIGなら702個(ヘソ大当たり時は780個)、REGなら156個を獲得できる。

RUSHには、初当たりの34%で突入する。RUSH中は、大当たりが3個ストックされ、その間にBIGを引くことで、再び大当たりのストックが3個に回復。上述の通り、REGを3連続で引かない限り、RUSHが継続する仕組みだ。

プレス会のスペシャルゲストとして登壇した人気ライターのシーサ。さんは本機の魅力について「ライトミドルというところも1つポイント。短時間で一発逆転が狙える。一撃の期待値も6,000発オーバーと素晴らしく、継続率の高さを考えると、かなりの上振れにも期待できる。刺激的で勝負感に長けた機械だ」と語った。

同機の納品開始は4月19日を予定。主なスペックは下記の通り。
▶タイプ 3回ループタイプ
▶初当たり確率 1/197.4
▶出玉 156個~780個
▶RUSH突入率 34%
▶RUSH継続率 87.5%

-新台
-

Copyright© グリーンべると , 2020 All Rights Reserved.