藤商事が通期業績を下方修正、経常損失35億円の見通し

投稿日:

藤商事は1月30日、2020年3月期の業績予測を下方修正した。新たな業績予測は、売上高251億円、営業損失33億円、経常損失35億円、純損失44億円となる。

修正の主な理由には、新台の販売台数が低調に推移していることが挙げられる。第3四半期に同社が販売した「P貞子vs伽椰子 頂上決戦」や、第4四半期に販売予定の「P地獄少女四」も厳しい商戦を強いられた。

加えて、第4四半期に販売を予定していた2タイトルについては、型式試験の適合に時間を要したため、今期の販売が間に合わず、発売が翌期となる見込みとなった。

これらの要因により、パチンコ、パチスロ合計の通期販売台数は前回発表(2019年10月30日公表)予想の9.3万台を下回る6.5万台にとどまると、同社は見通した。

同日、同社が公表した第3四半期サマリーによると、第3四半期末時点での同社のパチンコ、パチスロの販売台数は、パチンコが41,400台(前期比9,100台減)、パチスロが7,700台(4,900台減)となっている。

今期これまでの主な販売タイトルは次の通り(カッコ内の数値は販売台数)。
・パチンコ
P緋弾のアリアⅢ 設定付(10,900台)
Pリング バースデイ 呪いの始まり 設定付(17,500台)
P貞子vS伽椰子 頂上決戦(6,500台)
・パチスロ
S呪怨 再誕 AT(2,600台)
S喰霊­零­ 運命乱 ~うんめいのみだれ~(4,000台)

-業界ニュース
-,

© 2020 グリーンべると