パチスロのコンテンツが楽しい、新業態バーが開店2019年10月8日(火)

試射会でのフォトセッションの模様(写真中央が光森尚純店長)。

 パチンコ・パチスロなどの企画・プロモーションを手がけるエースプロは9月21日、東京・秋葉原に新業態店舗「電脳シューティングバーSENGOKU」をオープン。10月8日にプレス向け試射会を開催した。

 試射会で同店・光森尚純店長は、「エースプロならではの面白いお店となっています。是非たくさんの方にお越しいただきたいです」と語った。また店長によれば、オープンから新感覚のシューティングバーとあってすでに多くの来店客を集めており、秋葉原界隈のサバイバルゲームの愛好家やソフトエアガン好き、会社帰りのサラリーマンなどが多いという。

 この「SENGOKU」は、エアガンを打てるだけのシューティングバーとは異なり、世界初となるシューティングシステムを備えた体験型のゲームバー。84インチの大型モニターとエアソフトガンを用いて、画面で展開されるゲームも楽しめるのが魅力だ。また、その見どころはシステムのみならず、収録されている10種のゲームにもある。全コンテンツは同社(エースプロ)が企画・開発を行っており、そのうち3種類にはパチスロのコンテンツを用いたゲームも収録。現在楽しめるコンテンツには、遊技機メーカーのサミーの「猛獣王」やユニバーサルエンターテインメントの「アナザーゴッドハーデス」などとコラボしたオリジナルゲームも含まれている。

  • image

関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年10月16日(水)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年10月号
    • 特集
      導入から1年 設定付パチンコ の展望
    • Report
      急がれる受動喫煙対策に「室内循環型」という選択肢
    • Report
      空中方式の新たな集合搬送が登場