オオキ建築事務所、世界的建築賞で部門賞受賞2019年9月18日(水)

 オオキ建築事務所(東京都新宿区、大木啓幹代表)はこのたび、世界的な建築賞である「The Architecture MasterPrize(AMP)2019」の商業建築に関する部門賞を受賞した。

 AMPは世界中の質の高い建築デザインを評価する賞として知られ、米国の大手組織であるFarmani Groupが主催。2019年は世界65ヶ国から3,000を超えるエントリーが集まった。

 オオキ建築事務所は、同社が設計デザインを担当した《MUSEUM》でAMPの商業建築賞(HONORABLE MENTIONS)を受賞した。日本国内の同賞受賞者は、大手建築設計会社の日本設計(東京都新宿区、千鳥義典代表)による《NIPPO JUNCTION》との2社のみとなった。

 なお、10月14日にはスペインのビルバオ・グッゲンハイム美術館で受賞者の式典が開かれ、受賞者全員が招待されるとともに、受賞者の作品は「AMP Book of Architecture」として世界中に配布されることが決まっている。

関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年11月12日(火)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年11月号
    • 巻頭特集
      年末年始の遊技機活用
    • 全日遊連×オーイズミ合同会見
      ホールに負担のない低価格機を共同開発
    • ホール経営支援特集
      『働き方改革』に、 この一手!