9.28に「パチスロサミット2019in秋葉原」開催2019年9月3日(火)

プレス説明会に臨んだ左から、明日にち委員会の沖田勝典副委員長、信田裕一郎委員長、回胴遊商の大饗裕記理事長、徳山健一副理事長。

 日本電動式遊技機工業協同組合(兼次民喜理事長)と回胴式遊技機商業協同組合(大饗裕記理事長)は9月28日に「パチスロサミット2019in秋葉原」を開催することを発表した。

 イベント実施日時は9月28日(土)、11時~18時で会場はベルサール秋葉原。使用するのはBF、1Fの2フロアとなっている。BFでは6号機の試打会を開催。出展機種・メーカーは9月9日以降、随時公式HP、公式Twitterで公開する予定だ。また、出展機種は保通協の適合を受けた機種であれば検定通過していなくても、参考出品として出展可能となっている。

 1Fでは6号機にちなんだクイズ、Q&A、パチキャラの着ぐるみによるステージ、Vtuberによる機種解説など様々なステージイベントが予定されている。

 開催に先駆け9月3日には、東京・東上野の日電協会議室でプレス説明会を開催。説明会冒頭、日電協「明日の日電協を考える委員会」の信田裕一郎委員長は「昨年は残念ながら諸事情あり断念せざるを得ない状況だった。また、今年についても通年であれば我々が提唱している8月4日のパチスロの日に開催を、と思っていたが、諸々の事情でズラさざるを得ない状況となった。しかし、ようやく各方面の調整も整い、我々として全国のパチンコホールの皆様、全国のパチスロファンの期待に応えられるイベントになるであろうという手応えを感じている」と挨拶。

 次に共同開催する回胴遊商の大饗理事長は「今後、秋口以降、もう来月からホールさんにおいては法的に撤去しなければいけない遊技機がどんどん出てくる。いわゆる高射幸性遊技機を中心に年内に20万台以上の撤去が待っているため、ぜひ日電協、パチスロメーカーを中心に一生懸命ファンに支持される機械を作っていただければと思う。我々にとっても待ちに待った商材。これを契機に起爆剤として、これまで暗いニュースばかりだったが、パチスロ、業界を盛り上げていきたいと考えている」と述べた。

以下、実施概要。
開催日/9月28日(土)
時間/11:00~18:00
11:00・・・記念式典
11:15~13:00・・・ホール関係者特別先行入場
13:00~18:00・・・一般公開(最終入場/17:30)

※大饗(おおあえ)裕記理事長の「あえ」の字は、上が「郷」、下が「食」ですが、ご覧いただく環境によっては正しく表示されない場合があります。ご了承ください。

関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年11月15日(金)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年11月号
    • 巻頭特集
      年末年始の遊技機活用
    • 全日遊連×オーイズミ合同会見
      ホールに負担のない低価格機を共同開発
    • ホール経営支援特集
      『働き方改革』に、 この一手!