P業界で話題の素材も好評〜ギフトショー2019

投稿日:

東京ビッグサイト前は、朝から多くの来場者の熱気で溢れていた。

 国内最大のパーソナルギフトと生活雑貨の見本市「第88回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2019」が9月3日からの4日間、東京ビッグサイトで開催されている。

 今回のギフトショーは、東京ビッグサイト西・南・青海展示棟の3会場で展開。総出展社数は、海外19ヵ国・地域からの774社を含めた国内外約3,000社にのぼり、国内外の小売・卸売業者・商社をはじめ、最新トレンドを求めて様々な業種のバイヤー・ディーラーが来場している。

 パチンコ業界でも話題の珪藻土トイレマット『Neo plus抗菌トイレマット』を取り扱う総合商社・plusも「TOKA HOMEWARE」ブランドとしてインポートギフトフェア(アジア輸入雑貨)エリアにブース(南4ホール/ブースNo.南4-T29-01)を出展。ブースにずらりと並べられた珪藻土グッズに、道ゆく来場者も足を止め、説明に耳を傾けた。

 ブースに並んでいるラインナップは、一番の売れ筋商品である『珪藻土バスマット』はもちろん、コースターやルームフレグランス(芳香器)、歯ブラシ立てなど珪藻土の性能を活かした製品群だ。なかでも注目を集めたのは、新製品である焼き付け仕上げの『珪藻土コースター』。従来品と比べ、その水分吸収力・手触りなどが格段に向上しており、来場者はサンプル品が魅せる性能に目を奪われていた。

  • plus社「TOKA HOMEWARE」ブースの模様。スタッフは来場者の対応に追われていた。

    plus社「TOKA HOMEWARE」ブースの模様。スタッフは来場者の対応に追われていた。

  • 『珪藻土コースター』の既存取引先のサンプル品を展示。ノベルティとしての需要も高いという。

    『珪藻土コースター』の既存取引先のサンプル品を展示。ノベルティとしての需要も高いという。

-業界ニュース

Copyright© グリーンべると , 2020 All Rights Reserved.