業界最大の女性活躍推進フォーラムが開催2019年3月20日(水)

当日は32社126名が参加した。

 女性従業員の活躍推進支援などを行うSPARKS NETWORK(中村恵美代表取締役)は3月15日、六本木のDMM.com本社セミナールームで「第3回P-WOMEN'S FORUM」を開催した。

 同フォーラムは、遊技業界の女性リーダーの育成を目的とした女性活躍推進フォーラムで、今年で3回目。当日は株式会社ダイエー(石川県河北郡、浅野哲洋代表取締役社長)や株式会社エム・アイ・ディジャパン(新潟県上越市、三井慶満代表取締役社長)をはじめとした32社126名が参加した。

 冒頭で挨拶に登壇したSPARKS NETWORKの中村代表は、「このような素敵な場で皆様と再会できたことを嬉しく思います。このイベントは今年で3年目になります。1年目は男子禁制のイベントで女性限定ということで行い、昨年は『なかなか会社で体制を変えることができない』という声が多かったことから、男性の上司の方にも参加していただけるイベントにしました。今年は女性が活躍するということの難しさよりも、働くことの楽しさを皆様と改めて気づき、学べる場となればと考えています」と挨拶した。

 フォーラムは3部構成で進行。第1部では居酒屋「てっぺん」を展開する株式会社てっぺんの大嶋啓介代表取締役が「可能性を伸ばす5つのチカラ」と題した基調講演を実施。講演の中で大嶋代表は、「企業の成長や会社の成長は感動の共有と楽しさの追求が不可欠」だとしたうえで、目標への取り組み方や、「予祝(よしゅく)」の重要性などについて講話した。

 第2部「“働く”を楽しむためのヒント」では、株式会社ダイエーの大江絵梨子さんと石崎歩さんが店舗での取り組みを、株式会社エム・アイ・ディジャパンの三井彩加さんをはじめとした「HIDプロジェクトメンバー」が同社の取り組みを発表したほか、めいほうぐるーぷの山田理菜係長と株式会社永和商事の加藤祐子課長が「P-WOMEN@東海地区交流勉強会」の開催報告をした。また、他業種の事例として、株式会社LIFE CREATEの簑島光江部長と十島ちひろマネージャーが同社の制度などを紹介した。

 第3部「“働く”を楽しむ第一歩」では、共催企業である株式会社kaikaの三浦真理恵代表取締役が進行を務め、様々なテーマをもとにしたテーブルディスカッションが行われた。


関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年11月12日(火)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年11月号
    • 巻頭特集
      年末年始の遊技機活用
    • 全日遊連×オーイズミ合同会見
      ホールに負担のない低価格機を共同開発
    • ホール経営支援特集
      『働き方改革』に、 この一手!