「海JAPAN」の正統後継機が設定付きで登場2019年3月8日(金)

内覧会の様子。

 三洋物産は3月8日、東京支店でパチンコ新機種『Pスーパー海物語IN JAPAN2』の内覧会を開催した。

 同機は、2015年に発表された『CRスーパー海物語IN JAPAN』の正統後継機。前作のシステムや演出などを継承・進化させ、設定付きパチンコとして生まれ変わった。

 スペックは、大当たり確率約1/299.2(高確率時約1/59.9)~約1/276.5(同約1/55.3)の設定LOW、HIGHの2段階。確変割合は60%で、非確変時は時短が80回付与される。ラウンド数は、2R(払出値270個)、5R(同675個)、10R(同1,350個)。賞球数は4&2&15&3。

 システム面では「海物語IN JAPAN」シリーズ初のRTC機能や、「大海4」から継承した134mmの大型アタッカーを搭載。「JAPAN」シリーズお馴染みの一発告知「バーサライター」には、全27種類の映像を搭載するなど、大幅にパワーアップしている。

 納品は4月21日より順次開始予定だ。

  • image

関連記事

ホール経営支援特集「年末年始を極める 装飾・演出秘策」
ホール経営支援特集最終企画!「屋内禁煙化の“その日”をどう迎える!?」

CALENDAR イベントカレンダー

2019年11月20日(水)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年12月号
    • 特集
      生き残るホールになる
    • ホール経営支援特集
      年末年始を極める装飾・演出秘策
    • ホール経営支援特集
      最終企画! 屋内禁煙化の “その日”を どう迎える!?