フィールズ、第3四半期連結経常利益は27億円増2019年2月12日(火)

 フィールズは2月7日、2019年3月期第3四半期決算短信(連結)を発表した。

 2019年3月期第3四半期 (2018年4月1日~2018年12月31日)の連結業績は、売上高376億1,500万円(前年同期比16.9%減)、営業損失12億6,100万円(前年同期から23億5,000万円改善)、経常損失13億1,400万円(前年同期から25億4,300万円改善)、四半期純損失1,400万円(前年同期から41億1,900万円改善)。

 IRによると、遊技機事業では、上半期(4月-9月)は市場の状況に鑑み、主として新規則に対応した遊技機への作り直し期間と位置づけ、旧基準に基づく遊技機や後発機を中心とした販売に注力し、4万3,000台を計上。続く第3四半期(10月-12月)は、作り直した新規則機を含む主力タイトルの新台販売に注力し、4万7,000台を計上。これらの事業活動により、第3四半期(10月-12月)の連結営業利益はおよそ26億円、連結経常利益はおよそ27億円の黒字となったことを報告。

 通期連結業績予想については、PS流通カンパニーにおいて、現在パチンコ2タイトル、パチスロ2タイトルを販売。加えて、パチンコ・パチスロ各1タイトルを販売する予定で、これらの販売予定は市場動向により変動する可能性があるものの、現時点で通期連結業績予想に変更はないとしている。

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年5月26日(日)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年6月号
    • 巻頭特集
      エリアマーケティング特集 東西4エリアに密着
    • 依存症対策資料
      ギャンブル等依存症対策推進基本計画が決定
    • ホールで輝く女性役職
      《名宝曙店》石川美結さん