高知のホール企業浜幸が破産手続き2019年1月8日(火)

 高知県に本社を置く(株)浜幸は12月17日、高知地裁に破産申請していたことを各メディアが報じた。負債学は同社が約33億円、関連会社3社を含めた合計は46億3,000万円。

 同社は昭和25年4月に創業。グループ会社を数社設立し、パチンコ店のほかに飲食業を展開。平成8年3月期には、約129億1,300万円の売上高を計上していた。

 しかしその後、遊技客数の減少、大手競合店の参入により経営環境は激化。不採算店舗を閉鎖や不動産の売却などを行い、平成28年3月末には一部の金融債務の整理も行っていた。最近では、同社経営の「Passo朝倉店」と関連会社の「CIRCLE8仁井田店」のみとなっていたが、多額の金融負債と出玉規制による外的要因により、30年7月に事業継続を停止していた。

関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年11月13日(水)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年11月号
    • 巻頭特集
      年末年始の遊技機活用
    • 全日遊連×オーイズミ合同会見
      ホールに負担のない低価格機を共同開発
    • ホール経営支援特集
      『働き方改革』に、 この一手!