ダイナム、震災による融資期限の契約延長2018年12月28日(金)

 ダイナムは12月28日、「震災対応型コミットメントライン(融資枠150億円)」の契約期限を2022年3月31日まで延長したことを発表した。

 震災対応型コミットメントラインとは、震災による金融機関の免責事項を外した契約となっており、一般のコミットメントラインでは補えなかった震災等の大規模災害等発生時でも融資枠の範囲であれば、迅速の資金調達が可能となっている。

 同社では46都道府県に事業展開しているため、地震のリスクを重要視しており、これにより、経営への資金的なインパクトを最小限に抑えることができると考えているという。

関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年10月22日(火)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年11月号
    • 巻頭特集
      年末年始の遊技機活用
    • 全日遊連×オーイズミ合同会見
      ホールに負担のない低価格機を共同開発
    • ホール経営支援特集
      『働き方改革』に、 この一手!