パチンコ台卸売業者が脱税の疑いで刑事告発2018年10月19日(金)

 法人税を脱税したとして、茨城県つくば市のパチンコ台卸売会社MYSSと同社の藤本鎮代代表取締役が法人税法違反などの疑いで刑事告発されたことがわかった。10月17日付けのサンケイスポーツなどが報じた。

 報道によると同社では、2016年8月期と2017年8月期の2年間、実体のない架空の会社に請求書を作成させて架空の仕入れを計上し、振り込んだ資金を現金で戻させるなどして、あわせて約1億7,200万円の所得を隠し法人税約4,100万円を脱税した疑いがもたれている。

 なお、隠した金は貸金庫に現金で保管し、遊興費などに充てたとみられている。

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年5月26日(日)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年6月号
    • 巻頭特集
      エリアマーケティング特集 東西4エリアに密着
    • 依存症対策資料
      ギャンブル等依存症対策推進基本計画が決定
    • ホールで輝く女性役職
      《名宝曙店》石川美結さん