都遊協、50周年記念で4団体に1,000万円寄付2017年3月29日(水)

 東京都遊協(阿部恭久理事長)は3月23日、都内で定例理事会を開催し、創立50周年記念に伴う社会貢献事業として、認定NPO法人リカバリーサポート・ネットワーク、認定NPO法人ワンデーポート、公益財団法人アイメイト協会、社会福祉法人日本心身障害児協会「島田療育センター」の4団体に、活動資金として総額1,000万円を寄付することを決議した。

 寄付金額は、リカバリーサポート・ネットワーク(RSN)が500万円、ワンデーポートが300万円、アイメイト協会及び島田療育センターが各100万円。

 遊技業界の依存問題対策として全日遊連ではRSNの機能強化を掲げており、都遊協でもRSNへの支援を厚くした。


関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年11月15日(金)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年11月号
    • 巻頭特集
      年末年始の遊技機活用
    • 全日遊連×オーイズミ合同会見
      ホールに負担のない低価格機を共同開発
    • ホール経営支援特集
      『働き方改革』に、 この一手!