『AKB48-3 誇りの丘』目当てにファン1,200名が集結

投稿日:

京楽産業.東京支店ではAKB48の本拠地ということもあり、多くのファンが来場。導入前の同機を大いに楽しんでいた。

 京楽産業.は12月8、9日、全国の京楽ショールームにおいて、12月17日に全国導入を控えるパチンコ新機種『ぱちんこAKB48-3 誇りの丘』のファン向け試打会を開催した。

 京楽産業.東京支店(千代田区外神田)では「AKB48」の本拠地ということもあり、パチンコファンだけではなくAKB48ファンも多数来場。来場者には同機に登場する「AKB48」メンバーのオリジナルシールやポスターが配られた。

 関東京楽東京支店(台東区東上野)でも多くのファンが集結。同機を試打した60代の男性ファンからは「とても面白い。早くホールで打ちたい」などの声が聞かれるなど、同機の出玉性能やゲーム性にとても満足した様子だった。

 ほかにも「ブーストアタッカーモードのスピード感が気持ちいい」、「SURPRISEコンサートST(右打ちモードの名称)時に選択したAKB48メンバーによって演出やゲーム性が違うため、何度打っても楽しめそう」といった声も挙げられるなど、ファンは同機に高い期待感を示していた。同試打会には2日間を通して全国で約1,200名が参加した。

(c)AKS
(c)KYORAKU

-業界ニュース

© 2020 グリーンべると