日工組、パチンコ内規を一部削除

投稿日:

 このほど日工組が、パチンコ機の内規から「確変継続率65%以下」の項目を削除したことがわかった。これにより高継続率の遊技機など、多様なゲーム性を有した遊技機の開発が可能となった。ただし、出玉総量に関する規則に変化はないため、射幸性は新規則機と同等だ。

 保通協への型式試験の持ち込みは11月12日からで、現在は型式試験の持ち込み予約が開始されている。

 なお、ホール導入は最短でも2019年2月からとなる見通しとのこと。

-業界ニュース

© 2020 グリーンべると