スロットにゲームを融合した『秘宝伝Rev.』

投稿日:

都内で『秘宝伝Rev.』のプレス試打会が行われた。

 大都技研は4月10日、都内でパチスロ新機種『秘宝伝Rev.』のプレス試打会を開催した。

 大都技研の5.9号機ART第1弾は看板コンテンツの「秘宝伝」。今作はART中に“ゲーム”の要素を取り入れ、新しい「秘宝伝」へと進化を遂げた。

 ART「秘宝クエスト」は“ライフ”を守りながらダンジョン攻略を目指すゲーム性。1ゲーム消化するごとにマップ上を1マス進んでいき、最後まで到達するとダンジョン攻略。ダンジョンを10カ所攻略するとエンディングが発生する。ART中に発生する「デンジャートラップ」(4択or6択の押し順当て)に失敗するとライフが1つ消滅し、全てのライフがなくなるとART終了だ。

 またART中はゲームには欠かせない“アイテム”を複数搭載している。アイテムは主に、ダンジョンを攻略した後に突入する「ベロベロプライズチャンス」というガチャ演出で、ART中に獲得した「秘宝石」を使ってガチャを回し獲得。多くのアイテムを獲得することで次のダンジョン攻略を有利に進めることができる。ベロベロプライズチャンスのほかにも、アイテムを獲得する特化ゾーンとして「ピラミッドフォース」や「超秘宝クエスト」を搭載している。

 さらに同機は「Rev」という、ゲームでいうところの“裏モード”の要素も取り入れている。ボーナス、高確率、ベロベロプライズチャンス、超秘宝クエストなどRev状態に当選すると、ART当選率やART中のアイテム獲得率が飛躍的に向上。通常時やART中のどこからでも突入する可能性がある一発逆転のトリガーになっている。

 同機の広報担当者は「今回は若者をメインターゲットに開発した。チャンス目や高確率といった今までの『秘宝伝』を踏襲しながらも、ART中はゲームの要素をふんだんに取入れ今までとは一味違う『秘宝伝』になった」と自信を覗かせた。

 なお、同機の主なスペックは下記の通り。

 タイプ:A+ART
 ボーナス獲得枚数:約150枚or約90枚
 ART純増枚数:約1.9枚/G(ボーナス込み)
 ボーナス+ART合算確率:1/201.3~1/139.9
 出玉率:97.9%~114.3%
 ベース:約31G/50枚

 納品は5月20日開始となっている。

(C)DAITO GIKEN,INC.

  • 通常時は歴代の「秘宝伝」を踏襲。主にチャンス目から高確率に突入させARTを目指す。

    通常時は歴代の「秘宝伝」を踏襲。主にチャンス目から高確率に突入させARTを目指す。

  • 秘宝伝と言えばこの演出。今作でもプレイヤーに興奮を与える。

    秘宝伝と言えばこの演出。今作でもプレイヤーに興奮を与える。

  • ART中はダンジョン攻略を目指すゲーム性。1ゲーム消化するごとにミニマップ(写真左下)を1マス進み、ミニマップの最後にある「↑NEXT」まで行くと、ロードマップ(写真左上)を1マス進む。ロードマップの最後まで行くとダンジョン攻略となる。

    ART中はダンジョン攻略を目指すゲーム性。1ゲーム消化するごとにミニマップ(写真左下)を1マス進み、ミニマップの最後にある「↑NEXT」まで行くと、ロードマップ(写真左上)を1マス進む。ロードマップの最後まで行くとダンジョン攻略となる。

  • 「ベロベロプライズチャンス」では「秘宝石」を使ってガチャを引きダンジョン攻略を有利に進めるアイテムを獲得。写真は秘宝石を10個使って10連ガチャを引いた時のもの。

    「ベロベロプライズチャンス」では「秘宝石」を使ってガチャを引きダンジョン攻略を有利に進めるアイテムを獲得。写真は秘宝石を10個使って10連ガチャを引いた時のもの。

-新台

Copyright© グリーンべると , 2020 All Rights Reserved.