NEXUSが恒例のフットサル大会を開催

投稿日:

同大会には男女合わせて45チーム、総勢445名が参加した。

 NEXUS(群馬県高崎市、齊藤人志取締役社長)は3月31日と4月1日の2日間、キックス高崎で「2018NEXUSフットサルフェスティバル」(群馬テレビ、上毛新聞社後援)を開催した。

 同大会は、NEXUSが社会貢献の柱の1つ「スポーツ振興」の中軸となるスポーツイベントとして、フットサル競技の視野の拡大と青少年の健全な育成を目的に長年開催運営しているもので今年で11回目。
 
 大会は初日に男子チームの予選、2日目に男子チームの決勝と、女子チームの予選および決勝が行われた。今年は男子37チーム、女子8チームが出場。各チームとも日ごろの成果を発揮し熱戦を繰り広げた。その結果、男子は「太田南 Southen Cross」が、女子では「エストレーラFC堺クリアンサ」がそれぞれ優勝した。

 また、当日はスペシャルゲストとして、元サッカー日本代表で現在日本サッカー協会の理事を務めている北澤豪さんが登場。選手たちに「サッカークリニック」と冠し、効果的な練習方法から試合中の判断力を養う方法、ハーフコートを使用した紅白戦などをレクチャーした。

 なお、大会のもようは群馬テレビで4月14日19時30分〜21時、5月3日15時30分〜17時(再放送)に放送される予定。

  • 各チームとも日ごろの成果を存分に発揮し熱戦を繰り広げた。

    各チームとも日ごろの成果を存分に発揮し熱戦を繰り広げた。

  • 大会では元サッカー日本代表の北澤選手による「サッカークリニック」なども行われた。

    大会では元サッカー日本代表の北澤選手による「サッカークリニック」なども行われた。

-業界ニュース

Copyright© グリーンべると , 2020 All Rights Reserved.