不法就労助長容疑でパチンコ部品製造会社社長逮捕

投稿日:

 不法滞在中と知りながらフィリピン人男性を働かせたとして名古屋市のパチンコ部品製造会社・八代開発社長の加納庸扶(つねもと)容疑者(37)が逮捕された。CBCニュースが伝えた。

 逮捕容疑は不法就労助長。昨年12月から今年2月にかけて不法就労させた疑い。このフィリピン人男性が派遣された工場では難民認定申請中で働く資格がない約20人のフィリピン人が働いていたともCBCニュースは報じている。

 加納容疑者は容疑を認めているという。

-業界ニュース

Copyright© グリーンべると , 2020 All Rights Reserved.