「娯楽の一助に」と高齢者施設にパチンコ台寄贈

投稿日:

 マルハン松本店は4月4日、長野県松本市にあるサービス付き高齢者住宅「つどい岡田」へ、「入居者のリフレッシュの一助になれば」とパチンコ台3台を寄贈した。

 寄贈は施設側の「施設が4月1日に開設したばかりで、入居者が楽しむ娯楽が少ないため、パチンコ台を当施設に設置してもらいたい」という要望により実現した。

 当日は、マルハン松本店から6人のスタッフが施設を訪れ、小山真司店長が「パチンコ台を通して、楽しい毎日を過ごしてください」と述べた。これを受け「つどい岡田」のスタッフから「新しい施設にこのような娯楽が設置できて、ありがたい」と感謝の言葉が贈られた。入居者の人々は同社スタッフの説明を受けながらパチンコを楽しそうに遊技していた。なお、寄贈したパチンコ台は、店舗で使用していたものを施設用として、専門業者が仕様変更したものとなっている。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると