NEXUS、オール日本人ドライバーで参戦が目標

投稿日:

発表会の模様。

 NEXUSは2月15日、同社の自動車レースチーム「D’station Racing」の活動体制発表会を行った。報道関係者やモータースポーツ関係者、NEXUS幹部社員など約200人が出席した。

 発表会では、同チームが今年からスーパーGT300クラス、スーパー耐久、ポルシェカレラカップ・ジャパンの3カテゴリーへ参戦することを表明したほか、チームオーナー、総監督、カテゴリー別監督、ドライバーが発表された。チームオーナーには同社グループ星野代表、総監督には元プロ野球選手の佐々木主浩氏が就任した。登壇した佐々木総監督は「勝てるメンバーが揃ったので、ぜひ応援よろしくお願いします。チャンピオンを獲りにいく」と力強く宣言。また、星野オーナーは「近い将来、D’station Racingとしてル・マン24時間やデイトナ24時間にオール日本人ドライバーで参戦したい」と世界3大レースを目指すという大きな目標を語った。

  • 目標を語る星野オーナー。

    目標を語る星野オーナー。

  • 力強い宣言をする佐々木総監督。

    力強い宣言をする佐々木総監督。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると