友情高確システムがセット数上乗せを導く

投稿日:

『ビビッドレッド・オペレーション』

 三洋物産はパチスロ新機種『ビビッドレッド・オペレーション』を発表した。

 同機は2013年1~3月に放映されたアニメ「ビビッドレッド・オペレーション」とのタイアップ機。4人の少女たちと、突如現れた謎の敵アローンとのバトルをパチスロで忠実に再現している。

 同機の特長は遊びやすいスペックと鮮烈なシステムが融合したゲーム性にある。スペックはA+ARTタイプで、ART「ビビッドRUSH」へは必ずボーナスを経由して突入する。ボーナスは「ビビッドBONUS」、「REGULAR BONUS」の2種類存在し、消化中の演出成功でART突入となる。ART突入期待度は「ビビッドBONUS」が50%(設定1)、「REGULAR BONUS」でも30%(設定1)あり、ボーナス合算確率も設定1で約1/168と高くなっている。

 ART「ビビッドRUSH」は1セット30Gのセット数管理型で、純増は約1.2枚。ゲーム数上乗せは存在せず、セット数上乗せを目指す。ART中は筐体と連動した「友情高確システム」がセット数上乗せのカギを握る。同システムは筐体に描かれているキャラクターランプの点灯キャラによってチャンスとなる小役が変化し、対応した小役成立でセット数上乗せを賭けた「(SP)アローンバトル」突入のチャンスとなる。アローンバトル勝利でセット数上乗せとなり、SPアローンバトル勝利時は複数セット数上乗せ濃厚となる。

 色鮮やかなカラーリングと、セット上乗せを引き寄せるイグニッションキー役物を搭載した筐体にも注目の同機は、3月5日より納品開始予定だ。

(c)vividred project・MBS

-新台

© 2021 グリーンべると