アサヒディード、児童養護施設でのイベント支援

投稿日:

《イル・サローネ》《エリート》の屋号で店舗展開するアサヒディードは、昨年12月18日に大阪府茨木市の児童養護施設「慶徳会 子供の家」で開かれた「ドリームフェスタ2016」に参加した。

 慶徳会では様々な理由から環境上養護を必要とする児童を預かり、健全な社会人として自立することを支援している。

 ドリームフェスタでは手作りのクリスマス装飾や児童の絵が来場者を歓迎。同社が人数分の図書券などをプレゼントすると「毎年ありがとうございます。嬉しいです」と喜ばれた。

 同社が経営する《イル・サローネ茨木店》と慶徳会で以前から交流があり、2009年からは店舗の来店客の善意を玩具などに替えて、定期的に同施設に寄贈しているという。

-業界ニュース

© 2021 グリーンべると