九州遊商が献血活動を実施

投稿日:

 全商協所属の九州遊技機商業協同組合(山本龍彦理事長)は12月2日、福岡市内で冬場の輸血用血液不足に対応するための献血活動を主催した。同組合主催の献血活動は今年で10回目となる。

 当日は市内のパチンコ店、《プラザ本店》の駐車場を会場に献血が行われ、九州遊商の組合員や販売会社の従業員、また、協力したプラザグループのホールの人たちなど、総勢248名が献血に協力した。

 また、熊本地区では11月24日から1週間にわたり、熊本県赤十字献血センターで組合員など40名が献血に協力した。

-業界ニュース

© 2020 グリーンべると