継承進化した「ニュークィーン」が登場

投稿日:

『フィーバークィーンII』

 SANKYOはこの度、パチンコ新機種『フィーバークィーンII』(ジェイビーブランド)を発表した。

 大当たり確率1/99.9(高確率時1/12.0)、確変突入率100%、ST8回の基本スペックは、2014年にリリースし好評を博した前作『フィーバークィーン』を継承した。

 その他、賞球4&2&3&10、時短40回or100回(ST含む)、大当たりラウンド(カウント)5Ror16R(8C)、継続ST50.2%、時短15.6%(平均値)。

 大当たりラウンドの振分けは16R(時短100回)が12%、5R(時短40回)が88%となり、出玉(払出玉数)は16Rが1,280個、5Rが400個。

 通常時の演出はクラシックモードとクィーンモードの2種類を搭載。クラシックモードは予告が入らない初代クィーンを再現し、クィーンモードは前作をベースに「枠フラッシュ」やサイレン発動で大チャンスとなる「エマージェンシーモード」など新規演出を追加している。リーチはシングル、ダブル、全回転の3種類。

 ホール納品は最速で1月2日からの予定。

(C)JB (C)SANKYO

-新台

© 2020 グリーンべると