七匠のパチンコ第1弾、破格の確変ループで登場

投稿日:

『CRアメイジング・スパイダーマン』

 フィールズは七匠製のパチンコ新機種『CRアメイジング・スパイダーマン』を発表した。

 七匠初のパチンコ機となる同機は92%という破格のループ率で登場。演出面では「演出保留」システムを採用し、演出が数珠つなぎに続くことでプレイヤーの期待感を継続させる。まさに大当たりも、演出も、「蜘蛛の巣」が張り巡らされたかのような連綿と続く世界観を表現している。

 スペックは大当たり確率1/258.02(高確率時1/64.89)で確変割合92%のループタイプ。ただしヘソからの大当たり時は90%(内部低確率時)、又は50%(内部高確率時)の大当たりに電サポが付与されない。しかし一旦電サポ付きの確変大当たりを獲得すれば、ループ率92%の「AMAZING RUSH」に突入し、破格のループ率と右打ち時の高速消化がプレイヤーを魅了する。

 賞球数は3&1&12で大当たり時のラウンド振り分けはヘソからの大当たりが実質12or3ラウンド、電チューからの大当たりが12or5or2(高速開放)ラウンド。

 納品は4月10日開始予定。

(C)2016 MARVEL (C)2012 CPII (C)NANASHOW

-新台

© 2020 グリーンべると