ゲーム性、スペック、筐体の全てで新しさに挑戦

投稿日:

『CR銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』

 フィールズはDaiichi製のパチンコ新機種『CR銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』を発表した。

「銀河機攻隊 マジェスティックプリンス」は同社が世の中に求められるヒーロー像を研究し、導き出された世界観やキャラクター像を軸に、(株)創通と原案を共同開発。これまでにテレビアニメを始めマンガやグッズ、パチスロとクロスメディア展開し、ファン層の拡大を図ってきた。

 パチンコ化にあたってはその世界観を体感してもらうため、ゲーム性、スペック、筐体の全てで新しさを追求。特にゲーム性の面では複数の大当たり獲得が目に見える「ストックタイム」という新概念を採用した。

 スペックは大当たり確率1/319.69の1種2種混合タイプ。時短(1回)突入率は80.75%で、この1回転(約120秒)の間がストックタイムとなる(特図1は右側にも配置)。この間に普通図柄当たり(1/20.917=電チュー入賞)すれば実質的に大当たりが約束され、大当たりストックとして演出が行われる。ストックは最大で4個。

 ストックタイム中にストックを獲得できればストックタイム終了後に全ての大当たりを一気に消化(特図2優先消化)し、その後再びストックタイムに突入。ストックタイム中に大当たりを獲得できなければ通常時に戻る。大当たり時のラウンド振り分けはヘソからの大当たりが7ラウンド、電チューからの大当たりが5or10or15ラウンド。

 賞球数は3&5&10&15(アタッカー10個)。納品は4月17日開始予定。

(C)創通・フィールズ/MJP製作委員会
(C)創通/フィールズ
(C)ヒーローズ
製造元/株式会社 大一商会

-新台

© 2021 グリーンべると